• Home
  • コーポレートブログ Geniee’s BLOG
コーポレートブログ

Geniee’s BLOG

ジーニーは最先端の広告テクノロジーで
顧客の収益を最大化します。

こんにちは。広報の真鍋です。
昨夜、オンライン動画学習サービス「Schoo(スクー)」にて、弊社プロダクト企画グループマネージャーの川﨑が先生を務めるSSP講座が生放送されました。
今回は、その裏側をご紹介します。

20時少し前。都内某所にある、Schooさんのスタジオに到着。
ご挨拶を済ませ、早速スタジオ内で番組ディレクターさんから本番の流れについてご説明を受けます。
今回の番組では、受講生代表としてフリーアナウンサーの花海さん(写真左)が、川﨑(右)と掛け合いをしながら進行してくださいます。受講生の立場に立って、どこで質問を挟むとより理解が深まるか、伝わりやすいか、事前にすり合わせます。

本番45分前。いよいよリハーサルです。
オープニングからカメラテストを兼ねて、本番さながらにトークが繰り広げられています。「ここは、カメラ目線で受講生に語り掛ける感じで。」といった指示をいただきつつ、順調に進んでいきます。

Schooさんでは、ITスキルやビジネススキル、プログラミング、Webデザインなど、仕事で使える幅広い授業を、オンライン上で受講生参加型かつ生放送されています。
昨今、テクノロジーの進化とともに、益々関心の高まっているデジタルマーケティング領域について、基礎から学べる講座を開講されるとのことで、その中のSSP講座をジーニーが担当させていただきました。

ジーニーは、ご存知の方も多いかと思いますが、2011年4月からGenieeSSPの提供を開始し、今では国内最大規模にまで拡大しています。GenieeSSPは、国内の媒体社様のみならず、「SoftBank Ads Platform」を始めとする提携先サービスへのOEM提供や、アジア諸国の企業様にも幅広くご提供しています。

補足説明はこのくらいにして、そろそろ本番。
初めての生放送ということで、さぞや川﨑は緊張していることだろうと思いきや、全くそんな様子はなく、花海さんに、SSPについて熱く解説していました。

そして本番。受講生が次々とオンライン(着席という表示が出る)になっていき、21時に番組がスタートしました。

今回の講座では、“SSPって聞いたことはあるけど、よく理解できていない”という方を対象に、Web広告の歴史を振り返りながら、アドテクノロジーとは?SSPとは?といった基本的な内容をお話させていただきました。また、これからのSSPのあり方については、GenieeSSPのプロダクト企画を担当する川﨑ならではの、想いのこもった解説となりました。

見逃した方は、こちらからアーカイブで閲覧できるそうですので、是非ご覧になってください。

放送終了後、スタジオの壁にかけられたメッセージボードへ。ITベンチャーの社長様をはじめ、個性豊かな出演者の方々のサインで埋め尽くされています。
空きスペースを見つけて、川﨑も。ジーニーのロゴマーク(魔人のマーク)と一緒に書かせていただきました。

生放送をご覧くださった皆さま、Schooの皆さま、ありがとうございました!
川﨑さん、お疲れ様でした!

☆★☆★☆★

川﨑をはじめ、プロダクトに熱い想いを持つジーニーやジーニーメンバーにご興味をお持ちいただけた方は、是非こちら
川﨑のプロフィール・インタビューはこちら

 

こんにちは、人事の見並です。
ジーニーは、社員の35%がエンジニアで、SSPやDSP、マーケティングオートメーションといったプロダクトを全て独自開発しています。
今回は、そんなジーニーの心臓部とも言える開発現場の日常ををお届けします。

執務エリアの全体感はこんな様子です。間仕切りなどなく、オープンでフラットなフロアでエンジニアリングに皆さん勤しんでいます。
写真の中でプカプカ浮いている風船は、ここ半年くらいで入られた方々の名前が書かれています。(こちらは、入社歓迎の気持ちを込めて、1つひとつ人事が準備しています)
新卒・中途ともに、続々とジョインされているのが風船からもわかります。

それでは早速、最近どんなシステム開発を進めているのかレポートします!

まずはGenieeSSPの島から

まずは、ジーニーの基幹プロダクトであるGenieeSSPを開発している島へやってまいりました。
GenieeSSPは、様々なオンラインメディアやアプリへ広告を配信し、そのマネタイズをサポートするプロダクトです。多くのトラフィックを捌くバックエンド側と、メディアの方々に提供するWEBシステム側とに大別されます。

当たり前ですが、私が入社した頃(4年前)と比べると、大きくシステム環境が変わっています。使っている言語のバージョンアップ準備が進んでいたり、提供するものも、WEBシステム、広告配信のバックエンド、アプリ向けのSDKと多岐に渡り、業務を通してエンジニアリングの幅が広げられそうな環境となっていました。

開発言語やミドルウェアなど、「こんなのも使っているんですか?」と色々聞いていたら、あれやこれやと周りのエンジニアの方々が回答してくれて、和気藹々とした雰囲気でした。集中していたところお邪魔いたしました。

続いてGenieeDSPの島へ

次は、GenieeDSPを開発している島へやってまいりました。
GenieeDSPは、GenieeSSPが扱う広告枠を中心に、届けたいユーザーをターゲティングし、広告を配信するプロダクトです。
こちらも多くのリクエストを受け付けて広告を配信するバックエンド側と、広告主の方々に提供するWEBシステム側とに大別されます。

GenieeDSPは、私が入社した後、2014年3月にできたプロダクトです。当時は今よりずっと少ない人数のエンジニアで、とても泥臭く立ち上げが行われていました。
今では、GenieeSSPに続く収益柱へと成長してきており、昔を思うと本当に作り上げてきたエンジニアの方々に拍手です。
また、WEBシステム側はサーバサイドの開発言語をPHPからJavaに移行し、UI/UXの改善も社内で進行していて、ますますこれからが楽しみなプロダクトです。

最後はMAJINの島へ

最後は、ジーニーで最も新しいプロダクトであるマーケティングオートメーションツールのMAJINを開発している島へやってまいりました。
MAJINは、集客施策から販促活動、顧客管理までを一気通貫で担い、データもひと繋ぎに活用してマーケティング活動に必要な機能をオールインワンで提供しています。
新機能の開発スピードも非常に早く、LINE連携機能の追加や、機械学習を用いた新機能の研究開発も進んでいます。

これまで取り組んできたアドテクノロジーからマーケティングテクノロジーへ拡張した、新たなプロダクトということもあり、使っている技術環境も毛色が異なります。
モダンな技術を使いながらも、私達の基幹事業であるアドテクノロジー分野とのデータ連携もしっかりと図っています。
生まれてまだ1年の若いプロダクトですが、こちらもUI/UXをブラッシュアップしたり、目に見えない基盤部分もガンガン改善していっています。
最近は、エンジニア発信で気づいたら機能が追加されていたり、改善がなされていたりと、自社内の出来事ながらビックリすることがあります。

お客様へ提供しているプロダクト開発部門以外に、事業サイドやコーポレートサイドとプロダクトを繋ぐ経営情報システム開発の部門や、プロダクトへ横断的に関わるアーキテクチャやインフラを担う基盤技術開発の部門などがあり、みんなで一丸となって事業の成長を支えています。

その他、執務エリアの隣にはこんなスペースも設けています。

休憩エリアです。ちょっと気分を変えて開発をしたり、コーヒーを飲みながら息抜きをしたりしています。

研究開発の一環としてVRエリアも!私は生まれて初めてここでVRを体験しましたが、なかなか衝撃的でした。

よりリアルな開発現場を感じていただけるよう、先月からエンジニアブログを開始しています。

GENIEEエンジニアブログ

是非こちらも見てみてください!

いかがでしたか?
もっと具体的な開発言語や使っているツールなども知りたいと思った方、ジーニーの開発にご興味のわいた方は、是非こちらから!

ジーニー採用サイト

弊社へ遊びにきていただけましたら、ざっくばらんにお話しできますので、是非気軽にいらしてください!

Date
Author
社風やジーニーでの働き方などをご紹介していきます。 ジーニー人事チーム

こんにちは。広報の真鍋です。
ジーニーが独自開発したマーケティングオートメーションツール「MAJIN」では、定期的に企業のマーケティングご担当者様をお招きしたセミナーを開催しています。
今回は、7月27日に株式会社フリーセル様と共同で開催したセミナー『マーケティングオートメーション(MA)×動画というマーケティング“力”』についてご紹介します。

暑い中、セミナー会場は満員御礼!

ここ数年、スマートフォン上などで動画広告を目にする機会が増えていると思います。動画広告市場は右肩上がりの成長を続けていて、2020年には2017年の倍の市場規模になると言われています。

そんな注目度の高い動画と、マーケティングオートメーションを組み合わせるとどんなことができるのか、どんな効果が得られるのか。
今回のセミナーでは、フリーセル社のマーケティングエキスパートである河島美津雄氏と、ジーニー・MA事業本部の細山が、具体的な施策事例を含め、講演させていただきました。

株式会社フリーセル マーケティングソリューション本部 マーケティング戦略課 エキスパート 河島美津雄氏

セミナーの第1部『マーケティング戦術としての動画という選択肢』では、フリーセル社河島氏より、動画を活用することでどのようなマーケティング課題が解決されるかが具体例を交えながら解説されたほか、より効果が上がる動画制作の基本や活用メリットについて説明されました。
また、第2部『伝わる“動画”を“MA”で伝えていく方法』では、当社細山よりMA×動画の利用例を挙げながら、動画を使った顧客アプローチ方法などについて解説させていただきました。

MA事業本部 細山紳二

登壇を終えた細山は、
「参加者の皆様のお話を伺って、動画とMAの活用を本格的に考えていらっしゃる企業様が非常に多いということを改めて感じました。セミナー終了後の交流会では、自社のビジネスモデルに置き換えた場合、どのように動画を活用できるのか?といった、より深いご質問をされるご参加者もいて、始まりから終わりまで密度の濃い会でした。」
と話していました。

マーケティングオートメーションツールは、海外製から国内製まで、多機能・高価格なツールから機能を絞った低価格のツールまで、幅広く提供されています。このため、実際に運用に携わる企業のマーケティング担当者様は、自社に合ったツールはどれなのか、どんな機能をどう使えば効果的なのか、迷われることも多いかと思います。

ジーニーの「MAJIN」は、そんな利用者の方々の声を反映し、ちょうど1年前に後発で開発・提供開始されました。「MAJIN」では、今後も利用者の方々からいただく声を参考にしながら、実務担当者の方々に役立つセミナーを開催していく予定です。

 

<最後にちょっと宣伝です!>
次回のセミナーは、株式会社船井総研ITソリューションズとの共催です!
テーマ「MA×インサイドセールス」8/9(水)14時~
ご興味のある方は、是非ご参加ください。詳しくはこちら。

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆

ジーニーでは、マーケティング担当者のお悩みを解決し新たな価値を創造すべく、積極的に機能開発やサービス提供に取り組んでいます。そんなジーニーで一緒に世界を変えていきませんか?興味のある方は、こちら!

 

仕事をしている中で、日々立ちはだかるさまざまな壁。ジーニーでは、「Over the Border」を2017年度のスローガンとし、そんな壁をみなで乗り越えるため結束しています。

今回は、インターンを入口に、新卒第一世代として入社した、ジーニー歴5年目の井上雅尭にインタビュー。今年の3月には、短期のインドネシア駐在も経験したバイタリティあふれる井上は、どのようにして仕事の壁を乗り越えてきたのでしょうか。

入社の経緯とこれまで携わってきた仕事をおしえてください。

私は就職活動というものが苦手でした。さっぱりうまくいかず、どうやって社会に出ようかと考えた結果、自分でやるしかないというアイデアが浮かびました。とりあえず修行だなと思い、「IT産業」「急成長ベンチャー」を条件にインターンシップ先を探していたところ、友人にジーニーを教えてもらったことがきっかけで知りました。本当に偶然です(笑)。

インターン時代は、アタックリストを作り、電話を掛ける営業活動を半年ほど経験。そのまま2013年に入社することになり、営業、商品企画、R&Dを経て、今に至ります。

 

これまでで印象に残っている仕事は?

商品企画が3年以上で一番長く、その中でも、今では部にまで発展したベンダーの立ち上げがハイライトでしょうか。廣瀬さん(現:取締役)や篠塚さん(現:CTO)とともに、プロダクトが完成していない状態で営業先に提案し、納品までに辻棲を合わせるというリーン(笑)なサイクルを回しながら、売り方やフローを固めてセールスに実装していきました。ただ、その頃、導入を決めた事業者は、今でもお付き合いのあるところが多いですね。

現在は経営企画室で海外案件を担当されていますが、最近乗り越えた一番大きな壁は?

インドネシア現地法人の社長と一緒に立ち上げた営業チームが、2017年5月度の単月予算を設立後初めて達成することができたことでしょうか。

グループ会社のデマンド事業改善で、 2月末から1ヵ月現地に駐在してきました。英語も全然できないし、これまでやってきたサプライサイドとは真逆の領域でかなり不安でした。準備期間も2週間ないような状況でしたが、 「楽しそう」だったので、社長には二つ返事で「行きます!」と返事しました。

現地人だけのオフィスに一人で派遣され、最初の1週間は何を言われてもわからず、ほぼ無価値な存在でした。無価値なりに営業に同行し、英語でサマリーを聞き徐々に状況を把握していきました。

 

そんな中、インドネシアで心がけていたことは?

「小さなギブをする」 「現地化する」です。君は誰?という状況下では何かしらの価値を示し、存在を認めてもらう必要があります。

大型案件の消化に苦戦し、GTI(Geniee Technology Indonesia)の協力を得る必要が生じていました。私が間に立つことでGTIの日本人スタッフと円滑なコミュニケーションがとれ、大型案件の消化が進み、手始めのギブができました。

また、当時一人しかいなかった営業マンが、私の派遣と同時期に一気に6人に増えたのですが、まだセールスマネジメントの仕組みがありませんでした。その仕組みづくりは経験があったので、ヨミ表(受注計画表)とヒアリングシートをオンラインで作成し、彼らに営業管理の仕方をレクチャーしました。リアルタイムに管理できる仕組みはとても喜ばれました。さらに、営業マンに業界知識や商品知識が足りないことは明白だったので、勉強会を実施。5時間に及ぶこともありました。

一方、よそ者であるディスアドバンテージを払拭するには可能な限り現地化して彼らの文化へのリスペクトを示す必要があります。毎日昼食を共にして、覚えたての現地語でウケをとっていました。「Kamu cantik.(※ 1)」は便利です。ちなみに、昼食は濁った川のほとりにある掘っ立て小屋のようなところで一食100円の食事(笑)。これがなかなか「Enak(※2)」です。

※1…君は美しい ※2…美味しい

社内の若手メンバーヘアドバイスを

正直に言って、越えられなかった壁もたくさんあります。たくさんの失敗を経て、自分は何をすべきで、何をすべきでないのかの判断精度があがってきた気がします。そもそも全ての壁を超える必要などないと考えているので、余計な壁はスルーします(笑)。これ大事。新卒の方には、全ての壁を超える必要などない、ということを伝えたい一方で、その判断材料や経験値をためる意味でも、まずは与えられた仕事を全力でやってみるといいと思います。例え失敗しても「できないことがわかった」というポジティブな経験になります。

ジーニーは厳しいようで、実は優しい会社です。本当です。与えられた仕事に全力で挑みつつ「やってみたい」、「楽しそう」という気持ちが動くようなチャンスに飛びついたり、自ら生み出したりして仕事を楽しんで欲しいです。

 

* * *

 

ジーニーでは、アジアNo.1を目指し、海外展開にも力を入れています。こんなジーニーで一緒に「Over the Border」していきながら、会社も自分も成長させていきませんか? 興味をお持ちいただけた方は、ぜひこちらからコンタクトしてください。バイタリティあふれる皆さんからのご応募お待ちしています!

ジーニーの心臓部隊!エンジニアたちによる、エンジニアブログを本日スタートしました!

GENIEEエンジニアブログ → こちら

初回は、CTO×編集長対談です。ぜひご覧ください。

* * *

GENIEEエンジニアブログ編集長を務めることになりました、R&D本部マーケティングオートメーション開発部の張です。ジーニーへは、2016年4月に入社して、主にフロントエンドを担当しています。初回ということで、CTOの篠塚とブログを始めるきっかけや、ジーニーの開発部門の紹介をさせていただきます。

 (写真左:CTO・篠塚 英伸、右:エンジニアブログ編集長・張 志鋒)

ブログを始めるワケ

張:
ジーニーは、結構、面白い技術を使っていて、色々発信したいと思っていたんです。でも、ブログもなく、あまり社外に伝える機会がないな、と思っていました。
篠塚(CTO):
そうですね。R&D本部全体では、「誇れるものをつくろう」といつも言っているので、「誇れるものをつくったら、自慢しなきゃ!」と。それを発信していきたいというのが、このブログを始めた1つのきっかけですね。
あと、自分で勉強して、プロダクト開発に反映させて、「よかったね」と。それはそれで良いんですけど、エンジニアのキャリアやスキルアップを考えると、社内外の場でお互いに共有したり、発信したりしていくのも大事。そこでいろんな人からフィードバックを得て、ブラッシュアップしていく方が成長できると思うんですよ。
張:
このブログを通して、優秀なエンジニアの方たちにジーニーの技術を知ってもらいたいし、それによって、友を呼びたいですね。
篠塚:
ジーニーは、あまり中のことを語らない人たちが多いけれど、アドテク自体がマニアックなので、おもしろい内容が書けるんじゃないかと思うんです。アドテクノロジーやマーケティングテクノロジーについて、興味を持ってくれるエンジニアが増えたらいいなと。そして、仲間が増えたら嬉しいですね。

ジーニーのエンジニアリング部門

篠塚:
R&D本部には、「アド・プラットフォーム開発部」「マーケティングオートメーション開発部」「基盤技術開発部」「経営情報システム開発部」の4つの部があり、それぞれ25人・15人・10人・10人で合計60人ぐらいいます。
張:
メンバーのバックグラウンドは、コンピュータサイエンス系が多いですが、文系の人もいれば、美大(アート)出身者もいて、面白い人が集まっています。ちなみに僕は経済学部でした。
篠塚:
張さん、文系だったんだ!びっくり。
新卒も8割くらいはコンピュータサイエンス出身ですね。理工系も少しいます。
張:
中途では、1/3ぐらいがアドテク出身で、SI出身も多いですね。あとは、ゲーム系とか、Webサービス系とか、いろんなバックグラウンドの人がいると思います。
篠塚:
総じて、尖っている人が多い気がしますね。みんなそれぞれ特長的。
あと、女性は現状2名しかいません!
張:
特にアドテク業界は、女性が少ないんですかね?!
篠塚:
アドテク女子って、本当に少ない(笑)
張:
ジーニーは、女性も働きやすい環境ではあると思うんですけど。
篠塚:
男性も育休取っていますし。エンジニアではないですが、女性社員で産休育休をとって復帰している前例もあります。女性の感性がもっとプロダクトに入ると、いいと思うんですよね。

仕事の仕方や雰囲気

張:
僕は、何でも屋ですね。以前は、フロントエンドとバックエンドが分かれていましたが、最近は、一緒に仕事をするようになってきています。タスクに対して、みんなで力を合わせてやるフルスタックというイメージです。
篠塚:
そうですね、インフラは分かれていますが、フルスタックを目指しています。
もちろん、人によって得意領域はあるけれど、他の人の業務を知らないと、最適な設計ができないと思います。
これまで規模が小さい頃は、とにかくスピード重視で役割を分けてやってきました。しかし、規模も大きくなり、今後、ジーニープラットフォームとして連携していくことを考えると、技術的な切り分けではなく、タスクの解決方法に合わせて分担していく方がいいと考えています。そのためには、エンジニア1人ひとりが広範囲のことを知らなければいけないですね。
張:
もちろん初めから全部できる、というのは難しいですが、例えば、データベースは何を使っているかとか、どういう構成で何を処理しているかなど、プロダクトを知らないと、フロントでもアプリケーションでもモノづくりはできません。お互いを知らないと、チームとして動けないんですよね。
篠塚:
この体制は、特長的かもしれませんね。
張:
最近は、チームを越えてお互いを知るようになってきたと思います。もっともっと、壁をなくしていきたいですね。そのための1つの方法として、週1回社内勉強会をやっています。こちらのチームでは新技術を使って開発しているのに、隣のチームはよくわからない、というのではもったいないですから。プログラミング業界でよく言われるような“車輪の再発明”とかしたくないからね。知識が共有できれば、ジーニーの開発パワーはもっと上がってくると思うんです。
篠塚:
勉強会のほかには、月に一度、R&Dの全体会があります。メンバー持ち回りでLTをやっているんですけど、わりと面白いですよ。飲み会とかより、ずっと盛り上がるんです。この前のLTでは、あるメンバーが「モテたいから髪色を変えたい」ということで、似合う色を判定するためだけの仕組みをわざわざAI使って作ってみましたって発表がありました。みんな大爆笑でしたよ。「変えればいいじゃん!」って。そんな雰囲気の部門です(笑)

ジーニーならではのこと

篠塚:
普段よく目に触れるWebサービスは、UIを提供するのが一般的ですが、アドテクやマーケティングオートメーションでは、見える部分がほとんどありません。表には出ませんが、例えば、潜在顧客に1通メールを出したり、1つバナー広告が表示されたりするまでには、いろいろなドラマがあるんですよ!データを集めて、次も出すべきかどうかというスコアリングや分析をして、良かったのか悪かったのか、その結果をフィードバックする仕組みは、顧客のマーケティング施策全体や業績に大きく関わってきます。目に見える部分はほんのわずかですが、裏側ではけっこう壮大なことをやっているんですよ。
張:
MAJIN(マーケティングオートメーションツール)も、目に見えないところで結構頑張っているんですよ。MAJINは、フロントもバックもなかなか複雑で、データベースの開発とかにも手を出そうとしています。最先端の論文で研究して技術を実装してみたり、普通ならあまり使わない言語を使ってみたり、いろいろ試して、改善して、結果どんどん良くなっています。ジーニーの場合、実験的な試みや失敗も許容してくれる環境があるので、最先端の技術にチャレンジできるのがいいですね。
篠塚:
他社が採用していないような技術も、積極的に研究したり、実験的に採用したり、産学連携したり。いろいろやっていることを活かして、オープンソースへの貢献もしていきたいですね。
張:
新しい技術の開発は、他社だとあまり裁量権がもらえないことが多いと思うんです。僕の場合、どんどん勉強して、実際に試せるというのは、ジーニーに入って良かったことの1つだと思います。
篠塚:
営業のみんなが頑張ってくれているから、エンジニアにチャレンジできる余裕が生まれるので、ありがたいですね。いい循環が生まれていると思います。
あと、ジーニーの特徴として、データ量(トラフィック)が多いことがあります。1日のデータ処理量は、だいたい15テラくらいあるんですが、それを効率よく24時間365日動かし続けなければいけない環境って、わりと珍しいと思うんですよ。
張:
MAJINの方では、機械学習も強化していますし、AI活用も進んでくるので、そういうチャレンジをしたい方にもいい環境だと思います。

アドテクノロジーで世界を変える(=ジーニーのミッション)

篠塚:
世の中にまだ解決できてない課題があって、それを解決すると、少し世界がよくなります。なぜ、いろいろな課題が解決できないかというと、アイデアがないわけではなくて、いろいろな困難があって越えられないんですよ。
顧客の本質的な課題にしっかり応えるために、必要な技術を見極めて、ベストなものを真面目につくる。有り体のものを使うのではなく、自分たちにしかできないものを自分たちの手でつくるんです。課題自体がどんどん複雑になっているので、必然的に最先端の技術を取り入れていかなければならないわけです。そうやって、1つずつ課題を解決していくと、世の中が良くなっていくんです。それが僕たちのミッションだし、それができると「誇れるものがつくれた」ということになります。
張:
その通りです。困難があって、他の人が解決できなかったことを、僕らがエンジニアリングで解決できたら達成感がありますよね。
篠塚:
MAだったら、どこまでオートメーションにすると、本当にマーケターが楽になるかとか、人では思いつかない(できない)成果が得られるかとか。そういった壁を一つひとつ解決していくことが大事だと思っています。
張:
こんな僕たちの学びとか気づきとか、勉強会や研究について、このブログで発信していきたいと思っています。
よろしくお願いします!

* * *

今後、定期的に有用な情報を公開して参りますので、お楽しみに!

GENIEEエンジニアブログ → こちら

2017年7月18日(火)に開催された関西最大規模の国際マーケティングカンファレンス『アドテック関西2017』の京都会場に、ジーニーとして出展しました。

ひときわ輝くジーニーブルー!

会場のみやこめっせに設営した当社のブースでは、「GenieeDSP」やマーケティングオートメーションツール「MAJIN」、スマートフォン向けニュース配信サービス「mitayo.」などをご紹介しました。

ジーニーオリジナルポロシャツで、気合ばっちりの社員たち。

今回のアドテック関西は、各社がAI・IoT ・VR・ARなどの最新テクノロジーとブランド体験をさまざまな形でプレゼンテーション。
当社は、この日に発表した動画広告の新たなソリューションについても、ご案内しました。詳しくはこちら

京都での展示会ならではのサプライズは、舞妓さんたちの来場でした。着飾った舞妓さんたちが最新のAR機器などに夢中になる姿はなんとも微笑ましいですね。

ジーニーブースにも寄ってくれました!

講演会場の背景は金屏風!

最新のテクノロジーとご当地文化の融合は、双方のさらなる発展を感じさせるものでした。

普段、関西圏のお客様とは物理的に距離があるため、これまでダイレクトなご提案をするのは難しい面もありました。今回の展示会には、関西オリジンの大手企業や、大手企業関西支社の事業会社、そして代理店の方々が多数来場され、たくさんの新しい出会いがあり、今後の実りが期待できる展示会となりました。

これを機にますます関西圏の企業の収益最大化のお手伝いをしていきたいと思います。

こんにちは。広報の真鍋です。
先日7月14日(金)に、第2四半期のキックオフと懇親会を行いました。

ジーニーでは、毎月初めの朝礼や四半期ごとのキックオフで全社員が集まり、経営陣からのメッセージが直接伝えられるほか、社員同士の懇親が行われています。
今回のキックオフでは、まず各部門長から、第1四半期の振り返りと第2四半期の方針が発表された後、代表の工藤から総括と全社方針が説明されました。

東京湾の夜景

工藤からは、ジーニーのミッション「アドテクノロジーで世界を変える。」について、私たちはまだ1%も世界を変えられてはいないけれど、お客様や仲間から喜ばれようと自分のスキルや知識を高めたり、最後までやり切ったり、世界レベルの技術開発をしたり、いいスタンスのメンバーが増えてきているのがとても嬉しく、これから変えていける期待が高まっているという話がありました。

また、メディア様や広告主様、広告を見るユーザーの皆様そして弊社と、全てのステークホルダーにメリットのあるプロダクト・サービスづくり、本質的な価値づくりを行っていくことが大切。そのために、みんなで努力を続けて行こう!と、第2四半期の決意を新たにしました。

マーケティングオートメーション事業本部の福井

その後、懇親会へ。
例年、屋形船に乗っていたのですが、今年は参加メンバーが大きく増えたため、初めてクルーザーを借り切ることになりました。
出航と共に、懇親会がスタート!
始まりの乾杯は、第1四半期のVPを獲得した、マーケティングオートメーション事業本部 第二営業部の福井が行いました。

まずはご飯!

船上の食事と、普段なかなか話す機会のない他部署メンバーとの会話を楽しんだ後は、新卒メンバーが準備してくれたゲームが行われました。残念ながら、ゲームの盛り上がりと船の揺れで、写真が全てブレており。。。

歓談中。

最後は、恒例の記念撮影。
第2四半期も、ジーニーは全社総力戦で頑張ってまいります!

東京湾クルージングにて、全員集合!

☆ジーニーについてもっと知りたくなった方はこちら☆

Date
Author
社風やジーニーでの働き方などをご紹介していきます。 ジーニー人事チーム

こんにちは!人事の藤本です。

採用活動の中で候補者の方々から「福利厚生の家賃補助制度を使っている人はどれくらいいるんですか?」という質問を多く頂きます。そこで!実際にどれくらいの人がこの制度を使っているか、どんな所に住んでいるのか調査してみました!

※家賃補助制度について
会社の最寄り駅から3駅以内に住んだ場合、月30,000円の手当を支給します。

Q1:どれくらいの人が家賃補助制度を利用しているの?

家賃補助制度利用率

社員の半分以上の人が家賃補助制度を利用しています。特に、ジーニーは全社員の3分の1が新卒入社という事と、都内は家賃が高いので新入社員のほとんどがこの制度を使っています。

Q2:みんなどのあたりに住んでいるの?

1位:中野区 39.5%
2位:新宿区 26.3%
3位:渋谷区 14.5%

オフィスのある新宿区ではなく、中野区が1位という結果でした。最寄り駅の丸の内線西新宿駅からアクセスが良いことが人気の理由のようです。実際に住んでいる人に聞くと
・商店街を中心に郵便局、銀行、飲食店も色々あって便利
・子育て支援が充実していて、家族持ちも住みやすい
・治安も交通の便も良い
といった事も人気の理由のようです。

Q3:近隣に住んで良かった事は?
1位:通勤のストレスが軽減された
2位:新宿周辺には美味しくてお洒落なごはん屋さんが多い
3位:早く帰れる分、プライベートの時間を確保できる

満員電車のストレスや、前の日が遅くてもゆっくりできるという事で、通勤のストレスが軽減されるという回答が多かったです。

いかがだったでしょうか?家賃補助制度は、今の西新宿オフィスに移転する前の六本木オフィスの時にできたものです。当時、移動時間や通勤ストレスを軽減する為に、六本木オフィスの近くに住む社員が多かったそうです。当然六本木周辺の家賃は高く、そういった人達をフォローしようという想いで始まったのが、この制度です。ジーニーでは、社員が仕事に集中し、自身の成長と会社の成長をリンクさせる事ができる環境を大切にしています。ジーニーでは、引き続き、社員全員がイキイキと仕事に取り組める環境を整えていきたいと考えています。

Date
Author
社風やジーニーでの働き方などをご紹介していきます。 ジーニー人事チーム

昨年から始まった社内表彰制度「ベストジーニスト」。
これまでの2名のベストジーニストを称える盾が、オフィスのラウンジに掲出されました。

前年の取り組みが、ジーニーの行動規範である9つのValueを体現していた社員にその称号が授与されます。毎年、社内投票で選ばれ、ベストジーニストとして全社会議で表彰されます。


【Geniee Value】 詳しくは、こちら
Commitment コミットメント
Customer Value 長期的な顧客価値の追求
Teamwork チームワーク
Compliance コンプライアンス
Cost コスト削減
Professional 専門性
Positive Thinking 困難を楽しむ
Speed 最速を目指す
Best Place ジーニーらしい職場を創る

ベストジーニストの取り組みが、ほかの社員の記憶に残り、継承され、さらに自分事化されていくことを願い、このような盾を飾ることになりました。この盾の制作に携わったデザイナーは、Valueに則り、”Cost”を意識しながらもクオリティを下げないよう企画。地球を表すジーニーのロゴマークを、受賞者の個性が出るように配置し、楽しくインパクトのあるデザインに。これから毎年ベストジーニストの盾が増えていき、ジーニーの歴史を刻んでいくことでしょう。

今年度も第2四半期がスタートしました。ジーニーでは、社員の一人ひとりが、日々このValueを意識しながら業務に取り組んでいます。会社を成長させるべく、みなが同じ方向に向かって前進していくため、この行動規範をとても大切にしています。

ちなみに、盾の右下に掲示されているのは、「Valueカード」です。
9つのValueを体現した取り組みを称賛したいときに記入して社内設置のBOXに投函します。気軽に「ありがとう」の気持ちを伝えるカードとしても活用されています。

こんな社員同士で称賛し合う文化を大切にしているジーニーで、一緒に働いてみませんか。
気になる方はぜひこちらからエントリーを。お待ちしています!

こんにちは!人事の田村です。
2017年4月入社の新卒メンバー向けに初めての工藤塾が開催されましたので、レポートします!

ジーニーでは3ヶ月に一度、新卒の社員(1年目、2年目)を対象とした工藤塾が開催されます。
代表取締役の工藤から事前に課題を提示され、当日までに取り組み、その内容を発表します。

開催10分前、社長の工藤から受ける研修ということで、少し緊張した面持ちで皆さん集まって来ました。
課題の確認や、他部門の同期と会話をしながら開始を待ちます。

今回は、「伝説の新人」「藤田晋の成長論」のどちらかを読み、
【3年後の人物像】と【目指す人物になるための具体的行動内容、習慣化すること】を発表するという課題でした。

実際に発表していた内容を一部簡単に紹介します。

◆営業/女性社員
グローバルな環境で働いていたい。
今は知識もスキルも経験も無いが、毎日5時半に起きて読書をする習慣を作ることからはじめ、
経験を養えるようチャンスがあれば積極的に手を挙げるようにしていく。
仕事力を高め、前年比200%の成長を続けて、グローバルな環境に挑みたい。

◆営業/男性社員
マネージャー以上になり101億円の売上を創出するチームを創りたい。
現状の個人売上では、事業本部の1.6%しか貢献できていないが、当事者意識を身につけるために目標の2倍の行動計画を立てる。
目の前に転がる仕事を自分のものだと思って取り組む。

◆企画担当/男性社員
周りを巻き込める人になりたい。
自分でプロジェクトを回してみて、自分だけでは何も進まないことを実感したため、周囲の人から協力したいと思ってもらえるように、
ひたすら相手に価値を提供し、ギブ&ギブを意識して行動する。
求められる期待値を正しく理解することや、チームやプロジェクトで起こることを他責にしないよう、素直に自身のミスだと捉えていく。

一人ひとりの発表内容に対し、社長の工藤からコメントがあり、皆仲間の発表時にも真剣にメモを取っていました。

全員の発表が終わると、工藤から総括があります。
今回も、新卒の皆へアドバイスがたくさんありました。

・振り返る習慣をつけること
工藤は社会人になってから今まで毎日日記を一言付けている。
その日の気付きや見つけた課題を1つでも振り返って記載すると、毎日成長を続けられる。

・運動の習慣をつけること
体力がある人は30歳を越えても忙しくても元気に働くことが出来る。
戦うことが出来る体を作ることは、とても大切なこと。

・成長ベンチャーでチャンスを掴むために
成長ベンチャーでよく起こることとして、事業の成長スピードに個人の成長が追いつかなくなることがある。
大きな機会が来ても、対応できる人が不足することがある。
新卒でもバッターボックスに立つチャンスは来るから、今から準備をすること。

・社会人の人生は長い
本の通りやっても上手くいかないことの方がたくさんある。
失敗しても前を常に向いていられるように、自分のことを信じてくれる人を大切にして、繋がっていること。
友達でも、親でも、社内の知り合いでも良い。

初めての工藤塾でしたが、仲間の発表、そして工藤からのフィードバックにより、たくさんの気付きを得たようです。

3日間で33名の発表内容を聞きましたが、緊張しながらも高い目標を社長の目の前でコミットする姿に、頼もしさを感じました。
3年後の理想が実現するよう、応援していきます!

Date
Author
社風やジーニーでの働き方などをご紹介していきます。 ジーニー人事チーム
Back to top